フランチャイズとは

 

フランチャイズは日本語では一手販売権と訳されます。商品やサービスの、権利や商標を提供する本部はフランチャイザーと呼ばれ、これらを受ける加盟者はフランチャイジーと呼ばれます。フランチャイザーが確立したビジネスを、同様に行って良い権利をフランチャイジーに与えることに対し、ロイヤリティーを受け取ることで成り立つ事業契約です。

現在では、外食産業、コンビニエンスストア、スポーツクラブ、学習塾、不動産販売、自動車整備やCDレンタルストアにまで適用が広がっています。フランチャイザーにとっては、自ら土地や店舗を準備する必要がないことから、低コスト、短時間で事業を広げることができる利点があります。フランチャイジーにとってもフランチャイザーから業務のノウハウを学ぶことができ、保証されたブランド力の助けを借りて、安定した経営が望めるという利点があります。フランチャイズビジネスは、アメリカから取り入れたスタイルであり、日本では江戸時代の商家にのれん分けというしきたりがありましたが、これとは主旨が異なります。

ちなみにのれん分けは、主家に長く勤めた奉公人が、屋号やのれんの使用許可をもらって別家をつくることで、奉公人の長年の功労に報いて独立を援助するのが目的であり、主家の事業拡大が目的ではないので、フランチャイズとは根本的に異なります。フランチャイズはあくまでも本部であるフランチャイザーのビジネスの拡大を目的とするスタイルです。その点を考慮において、フランチャイジー側は契約を結ぶにあたって、慎重に検討する必要があります。思い描いていた店舗経営とはかけ離れた結果となってしまい、志半ばで閉店に追いやられたり、契約をめぐって訴訟にまで発展したりした事例も少なくないからです。

[管理人特選サイト]
こちらは金やブランド品を買取る店舗のフランチャイジーを募集しているサイトです・・・フランチャイズ